札幌市下水道科学館・3Dなどの各種ゲームが無料で楽しめる札幌の穴場スポット

札幌市下水道科学館の1階ロビー(2018年10月)

札幌市北区に下水道科学館という公共施設があります。あまり知られてないのですが、結構面白い施設なので、今回は昨年10月に行った際の写真を紹介したいと思います。うちの子供たちは大好なので、わりと頻繁に行っています。

下水道科学館は札幌市が運営している、その名の通り、下水道の仕組みや事業をPRするための施設で、すべて無料で利用できます。下水道にちなんだゲームなどもあり、いろいろ遊べるようになっているので、子供たちは連れていくと大喜びします。

下水道科学館は、2018年3月にフルリニューアルオープンして、展示物が一新されました。ER(拡張現実)技術を使った展示物や、3D体感ゲームなども登場して一気に人気のスポットになった感じです。

冒頭の写真は2階から撮影した1階ロビーです。床の川のようなところにプロジェクターで映し出されたゴミとかが流れてきて、そのゴミを踏むとバッと消えるという面白い仕組みになっています。
 

下水道科学館2階展示室の様子。なかなかオシャレ


下水道管をモデルとした展示物。中の様子がわかる

2階の展示室はこんな感じで、人が入れる下水道管のモデルがあって中の様子が見れます。そしてその周りには下水や水再生の仕組みが解る展示物がおいてあります。

監視制御室を模倣した展示物。手前のモニターでゲームができる

これも人気のゲームで、混んでいる日には順番待ちになります。

札幌市のデフォルメされたジオラマ

札幌のジオラマです。この下に引き出しがついていて、引き出すと地中の下水道の様子が見れるようになっています。(そこまで写真撮れよ、自分)

人気の3Dゲーム。ロボットを操縦して下水管を修繕する

これが、この館で1番人気のゲームです。リニューアルオープンした当初は行列が出来ていて、30分以上待たないと遊べませんでした。今でも土日は多少待ちがあります。

こんな感じの下水道科学館、結構私的にはおすすめのスポットです。札幌の穴場スポットと言ってもよいでしょう。何回も行くと飽きるかもしれませんが、初回は間違いなく楽しめます!

小さなお子さんがいらっしゃる方はぜひ!

タイトルとURLをコピーしました