札幌モエレ沼公園のガラスのピラミッド。イサム・ノグチ氏の芸術作品

札幌モエレ沼公園のガラスのピラミッド内部

札幌モエレ沼公園は、公園全体を芸術家イサム・ノグチ氏がプロデュースしているという珍しい公園です。公園全体がアートということなんですね。

その象徴とも言える建物が冒頭の写真にもあるガラスのピラミッド、通称”HIDAMARI”。三角形の不思議なアトリュームを有した多目的施設です。

ガラスのピラミッド”HIDAMARI”の外観

中にはレストランや売店、ギャラリーのほか、アトリュームを含めたいくつかのレンタルスペースがあり、イベントや展示会を行えるようになっています。

特筆すべきは、やはり芸術家イサム・ノグチがプロデュースしたデザイン。外から見ても中から見ても美しいです。

ガラスのピラミッドの2階の様子

ガラスのピラミッドの中から空を見上げる

この日はアトリュームを使ったイベントとかはなかったので、みんな自由にくつろいでいました。

アトリュームでくつろぐ人々

モエレ沼公園にはガラスのピラミッドの他にも土のピラミッド(要するに三角形の築山)が2つあり、中央のピラミッド(モエレ山という名前らしい)は、とても高いので登山のような気分になります。

そのモエレ山の山頂からガラスのピラミッドを見下ろすとこんな感じになります。

モエレ山からガラスのピラミッドを見下ろす

モエレ沼公園は、これ以外にもプールや噴水、テニスコート、野球場、イベントステージなとがあり、とても楽しいのですが、、、。

はっきり行って広すぎです(汗) しかも駐車場が遠い、、、。
なので、遊びにいく際は自転車を持っていくとか、レンタルサイクルを借りるとかした方が良いです。

全体的に健康に良い公園ですね(笑)

タイトルとURLをコピーしました