湧別町かみゆうべつチューリップ公園のチューリップ2005

かみゆうべつチューリップ公園。2005年撮影

今回紹介するのは道東・湧別町にある「かみゆうべつチューリップ公園」です。
お気に入りの観光スポットなので、通算3回ほど訪れているのですが、今回は最初に行った2005年の写真を紹介しますね。

湧別町にあるのに「かみゆうべつチューリップ公園」という名前になっているのは、昔は上湧別町の公園だったからなんですね。2009年に湧別町と上湧別町が合併して新しく「湧別町」になりましたが、公園の名前は以前と同じ名前になっています。

大きな風車が目印のかみゆうべつチューリップ公園

遠軽町市街から国道242号線をオホーツク海方面へ20分ほど走ると、右側にその公園が見えてきます。広々とした敷地で大きな風車が目印なので、見落とすことはないと思います。

それよりも、開花時期はその横を通っただけで「なんだこれは?!」とその風景にびっくりすることでしょう。敷地面積7万平方メートル。その中に200品種120万本のチューリップが整然と並んでいます。まさに「見渡す限りチューリップ」という感じです。

チューリップだけで200種ってすごいですよね。「チューリップの博覧会」という感じです。こんなにいろんなチューリップがあるのかと感動します。しかもよく手入れされているので、1つ1つの花が美しいんです。

1つ1つの花が手入れされていて美しい

かみゆうべつチューリップ公園のチューリップたち2005

見頃は5月初旬から6月初旬の間ぐらいで、その期間は「チューリップフェア」と題して大々的にイベントを行うのですが、その年によって早かったり遅かったりするので、公式サイトで開花状況を確認してから訪れた方がよいと思います。今年(2019年)は5月下旬で見頃が終わったらしく、チューリップフェアも5月31日で終了したようです。

見頃は例年5月上旬から6月上旬

チューリップは下から見上げても可愛らしい

2005年当時はヘリコプターによる遊覧飛行もありましたが、さっき見た公式サイトには記載が無かったので、もしかしたら今はやってないのかもしれません。割と人気だったと思うのですが。

この上湧別地区は屯田兵によって開墾された土地なのですが、その繁栄の歴史はチューリップの歴史だったようです。このお話はまた別に機会にゆっくりとしたいと思います。

昔のヒット曲に「100万本の薔薇」というのがありましたが、こちらは「120万本のチューリップ」です。数ではこちらの勝利(?) とにかく圧巻なので、遠くからでも訪れる価値はあると思いますよ。

あ、そうだ。公園内に評判のよいレストランもあるのですが、ピーク時は混んでいて私は利用したことがありません。それよりもオススメの飲食店が近くにあります。「麺屋おほーつく」という湧別町のうどん専門店で、ミシュランガイド 北海道にも掲載されたお店です。ここは何を食べても美味しいので行って後悔しません!

店名:麺屋おほーつく
TEL:01586-2-3988
住所:099-6322 北海道紋別郡湧別町北兵村三区46
営業時間:11:00~15:00
定休日:水曜日
タイトルとURLをコピーしました